池袋の新文芸座で、11/27(土)~30(火)まで仲里依紗の実写版の映画『時をかける少女』をやるのでまた観に行こうと思います(3回目)。TVドラマで見るフザケた仲里依紗でなく(あれはあれで大好きですが)、凄い仲里依紗が観られます。相手役の中尾明慶も70年代に本当にいた青年にしか見えない。青木崇高もちょっとしか出てこないけどかっこいいです。ケンソゴルもはまってます。心揺さぶられる映画で、観終わっても何日も虜でした。2回目観に行った時、2回目なのにまた号泣…。DVDも出てるのでよかったらご覧になってみて下さい。

先日ある人から誕生日を聞かれまして、何の気なしに答えたところ、お腹を抱えて大爆笑されました。自分では全く気づいていなかったのですが、汚い部屋を片づけたことを本に書いたせいで誕生日がちょっとした持ちネタみたいなことに……(-_-;)
  
ということで申し上げます。私の誕生日は5月3日、ゴミの日です。

ブログをまめに更新しよう! と9月頭に思ったのに、今見たら、更新の間隔が1週間、2週間、3週間、と規則正しく(!)開いていっていて……どうもすみません。頑張ります。
ブログを見る方は、「RSSリーダー(http://www.google.co.jp/reader/)」というのを教わって、とても見やすくなりました。始めの設定がちょっとめんどくさいのですが、見たいブログを登録しておくと、新着記事が表示されます(…なんてことは、この更新頻度の低いブログの新着記事をさっそく見つけて読んで下さっている方はとっくの昔にご存知かもですが…。。
昨日は、筒井康隆原作の映画『七瀬ふたたび』を観てきました。本編の始めの方はかなり寝てしまったのですが(この映画に限らず、私はよく映画館で眠ってしまいます)、主役の芦名星に独特な魅力があって(目と唇とスタイルがいい!)、白戸家のお兄さんダンテ・カーウ゛ァーも超能力者として大活躍で、うっすらレトロなムードとB級テイストが漂って、私はかなり好きでした。

映画『BECK』観てきました。向井理もよかったし、桐谷健太が、凄かったです。現実味があって引き込まれました。 来年4月の、ドラマ『JINー仁ー』の続編にもまた「佐分利」役で出るかしら? とても楽しみです。

2010年10月の日記です。
上から新しい順に並んでいます。

日記 top へ

Powered by
Movable Type